世界最古の猿人の化石はアフリカで発見された話

猿人と類人猿を区別する決定的なものは、「犬歯」だと言われています。サルが人間に進化するプロセスの中で、「犬歯」は退化してしまったようです。アフリカでは人骨の発見が続いていますが、骸骨の化石に中に「犬歯」があると、類人猿とは認定できないらしいです。サルと人間を区別する決定的なことは、直立の二足歩行だと信じていました。腰骨を研究すれば、二足歩行ができるものなのかどうかが判断されるようです。二足歩行ができるようになると、人間は両手を使用することが可能になりました。それで道具を作ることができるようなったのです。その次に発見されたのは、「火の使用」です。火を使うようになると食生活が豊かになりました。そして寒い冬でも暖をとることができるようになりました。そしてその次は、「言語の使用」です。言葉を話せるようになると、人間は文化を継承することが可能になりました。世界最古の類人猿は「アウストラロピテクス」だと世界史で習ったはzぅなのですが、実は「ラミダス猿人」だそうです。ミュゼ 50円 予約