誰かあたいにミールが好きになる催眠技術をかけてほしい

自慢にはなりませんがメニューが嫌いだ。
とにかく婚礼後は気が向いた時だけというわけにはいかず毎日の必要になり、
児童の養成とともに金額との舞台も激しくなってしまう。
昼過ぎ4場合なり、5場合なり、サロンを突っ撥ねる時間が近づくにつれメランコリーになり、
このままどこかに失踪したいと思うことさえあります。
帰宅途中にアメイジングで購入をして、帰ったらアッという間にそれとこれをしてなどと考えていると、
家に帰ることが不満になって喫茶店に寄り道してしまったこともあります。
刺身や上質和牛など炊事無駄だったりぱっと焼くだけでおいしい原料は巨額ものが数多く、
短い原料はそれなりに握りこぶしをかけなければ家族にも不評判なメニューしかできません。
カリキュラムに困った時はWEBが右腕だ。
以前とはズレ有名なメニューづくり実家だけでなく一般のパーソンの処方も豊富に揃っている。
驚くのは男女を問わずメニュー好きな方が多いことで知恵に余念が有りません。
しなければならないことが好きなことであるのは最高の幸せだと羨ましくなり、
誰かボクにメニューが好きになる催眠テクニックをかけてほしいと思います。
1週とは言わず3お日様でも上げ食膳据え膳が空論ですが、結実はちょい先になりそうです。

明日はバレンタインデーなのに旦那はいない

昨日、旦那のおばあちゃんが亡くなったと連絡がきたので明日はバレンタインデーなのに田舎へ帰るという・・。
私はそこまでガッカリしていないけど、手作りでパパに渡す気満々だった子供達は昨日の時点ですごい凹んでました。
仕方がないので、昨日材料を買ってきて夕飯作りながらチョコ作りをしてみました。
レシピは調べてあったので春巻きの皮を4等分にして1枚ずつバターを塗って巻き、レンジで焼いてクッキーがわりにし、粗熱が取れたところでチョコをつけてポッキーみたいにしてその上にアラザンでデコってラッピング。
子供たちはパパへの手紙を一生懸命書いてました。
仕事から帰ってくるのが遅いのでラッピングしたチョコと一緒に手紙をテーブルに置いて寝てもらいました。
パパが帰ってきてなんで「バレンタインデーじゃないのに置いてあるの?」と当日いないことを忘れて言っててちょっとイラッとしたけど子供達が作ったんだよと言ってご飯の後に食べてもらいました。
美味しいと言ってたし、こんな手紙書けるようになったんだねって言ってくれたから良しとしよう。
ホワイトデー忘れずに子供達にちゃんと渡してくれるか今から不安です。http://www.rentmatch.co/