IOTという便利な生活スタイルとその裏で気をつけるべきこと

IOTという家具や家電をインターネットに繋いで暮らしを豊かにしようと考案された全く新しい生活スタイルだったが、早速問題というより、ある意味必然だったとも言えるかもしれない。それは、ネットに繋がったカメラが第三者に乗っ取られたという記事を見つけた。これは、今後悪意のあるハッカーやクラッカーをより一層気をつけるべきだということを表してる。パスワードの変更など色々な自分でできる対処は必須になってきた。また、新たな犯罪の芽が出始めていることを表しているような感じがしている。そして、ホテルや会社などに色々なIOT機器を導入する場合などを考えるとプライバシーや重要な情報などが外部に漏れる可能性もあるかもしれない。
便利なことには、必ずと言っていいほど悪用するものが生まれてくる。これから便利なツールや機器が誕生するだろう。その中でプライバシー保護をどのようにしていくことがいいのか。ネットなどがもっと身近になろうとしている。だからこそ機器と人間の在り方や繋がり方をもっと注目すべきだと私は思うのだ。
また、IOTを使った生活スタイルがもっと広がって市民生活に溶け込んだ時には、もっと法整備や生活を守る手段が確立していることを願ってやまない。